重機の購入を考える

重機の購入を考える

あなたが何のために、どのような作業で重機を必要としているのか、というのはとても大切なポイントです。

 

重機が操作しやすく壊れやすいとなればなおの事良しですね。

 

作業もスムーズになり運転席も比較的快適だとなれば、長く使い続けられる一品になります。

 

年式がそこまで古くない重機だとエアコンが付いているものもあるので、夏の作業も快適になります。

 

現場は外であることがほとんどですから、エアコン付きというのはかなり魅力的なポイントになります。

 

人気の中古重機市場で、安価すぎるものに迂闊に手を出さないように気を付けましょう。

 

まあ中古重機でも維持費や管理費は必要となりますから、それらが削減できるかどうかもポイントとなるでしょう。

 

また何のために使用するのかによって必要な重機も異なります。

 

中古重機を購入できる資金が無くても、レンタルするという手もあります。

 

けれどもやはり1台は重機が欲しいと思っている会社も必ずあります。

 

いつでも重機が必要となる仕事を受けられた方が儲けになるからです。

 

中古重機においても費用対効果というのは必ず考慮しましょう。

 

年式が若い重機ほど機能性や操作性が浴なっているのは当然です。

 

金額も気になるところですが、維持費や管理費といった面の出費も考え、写真だけでなく現物もチェックしてみましょう。

重機の種類と買取

むしろ重機が無ければ作業が進みません。

 

けれども作業内容や状況によっては幾つかの重機が必要となるケースもあります。

 

しかし幾つもの重機を購入するのも、会社にとっては負担ですね。

 

重機購入費用を上回るほどの売り上げが必要になりますが、近年は震災の復興やオリンピックに関連した工事も増えていますので、現状は元を取るのもそう難しくはないでしょう。

 

中古重機市場も広まっていますし値下がりしている重機もあります。

 

買い取り業者は特定の重機を得意としているところも多く、販売業者も同様で、ブルドーザーを得意としているところもあればクレーン車を得意としているところもあります。

 

ネットやヤフオクで検索してみると、どこの業者もオールマイティに取り扱っているように見えますが、得意とするものがあります。

 

工事を請け負っている会社などでも、頻繁に動かす重機もあれば時々しか使わないものもあり、方針や仕事内容によって中古重機購入もよく考えなければなりません。

 

中古重機でも価格は高めなものが多いので、元を取れるかどうかも重機選びで重要となります。

 

また免許がいる重機も多いので、操作できる作業員を雇う必要も出てきます。

 

それだけ人件費もかかりますし、重機の操作免許を持っている人材は優遇される傾向にあります。

 

重機の免許を持っていることで仕事が見つかりやすいとも言えます。

重機の販売価格と中古

ユンボなどは多く出されていますし、価格の比較もしやすいですよ。

 

それほど大きくない工事ならユンボなどの重機で済むこともあります。

 

重機の中でも小型のタイプは個人で購入するにはやはり高いですが、会社が購入するなら購入しやすい価格帯だと言えます。

 

ユンボも基本機能が備わっている型式ならば十分作業ができますが、それでも価格の安さばかりに捉われていてはいけません。

 

不備の無い重機、長く作業できる重機を選ぶことが最重要だと言えます。

 

オークションで安い重機が出品されていることもありますが、価格の安さだけに注目してはいけません。

 

相手が信頼できるかどうかも分かりませんし、壊れている重機・不備のある重機かもしれません。

 

壊れている重機では仕事ができなくなってしまいますし、万が一事故でもあれば大変なことです。

 

点検もしていないような安価過ぎる重機はリスクが高いと言えます。

 

ヤフオクなどで良い重機と出会えるケースもありますが、販売業者の方がより安心して購入できます。

 

自動車のオークションで中古自動車を購入している人も少なくありませんが、中古重機となるとまた話が違ってきますので、気を付けましょう。

 

業者で購入すればさほど手間もかかりませんが、オークションでの個人売買となると手続きが多かったりトラブルがあったりといったリスクも高くなります。

 

オークションは何でも安いというわけではないのです。

中古重機のランキング

初めてみる重機を見られたリ、知らなかった情報を知ることができるかもしれません。

 

そもそも中古重機というのは現場で活躍してきたものなので、傷やヘコミがあって当然です。

 

けれども動作に問題が無ければキズやヘコミは大した問題が無いほど、利用価値があります。

 

例えば鉱山で活躍するのはエキスカベーターやAC4100という重機です。

 

エキスカベーターは一日で90万トン採掘できるという特徴があります。

 

大型バックホーで有名なのはEX8000という日立製の重機です。

 

巨大トラック(日本では知っているトラックの30倍)で人気があるのはETFという重機です。

 

ホイールローダーで人気が高いのはコマツWA1200というものです。

 

これらの重機を見たことも無いという方もいますが、ランキングサイトで動画を見れば具体的にどのような作業をする重機なのかだいたい分かるでしょう。

 

新品の重機でも中古重機でも、目的とする作業に特化するようになっていますので、費用対効果も検討しやすいでしょう。

 

購入費用の元が取れるかどうかを考えることは大切です。

 

また、重機を持っているというだけで舞い込んでくる仕事というのもあります。